,

ものんくる – 世界はここにしかないって上手に言って

ものんくる 世界はここにしかないって上手に言って Download MP3 RAR ZIP M4A AAC Mononcle Sekai wa Kokonishikanaitte Jyozu ni Itte

Download ものんくる 世界はここにしかないって上手に言って / Mononcle Sekai wa Kokonishikanaitte Jyozu ni Itte (AAC / 256 KBPS / ZIP)

Description


Artist : ものんくる (Mononcle)
Title (Album) : 世界はここにしかないって上手に言って
Release Date : 2017年7月12日

内容紹介 :

吉田沙良(Vo)、角田隆太(B / ex. CRCK/LCKS)からなるポップユニット、ものんくるがニューアルバム「世界はここにしかないって上手に言って」を本日7月12日にリリースした。

前作「南へ」以来2年9カ月ぶりのアルバムとなる今作は、これまで通り菊地成孔がプロデュースを担当。前作までの固定メンバーによるサウンドを一新し、斎藤ネコ、大儀見元、黒田卓也、FUYUという豪華ゲスト陣や、桑原あい、井上銘(CRCK/LCKS)、石若駿(CRCK/LCKS)、宮川純といった同世代の気鋭ジャズミュージシャンと共にハイクオリティな音源を作り出した。

今作の発売に合わせて、本日7月12日よりYouTubeでアルバム収録曲「ここにしかないって言って」のミュージックビデオを公開中。このMVはメンバー2人からの要望もあり、菊地成孔が初めて監督を務めて制作された。

ものんくるは今作のリリースツアーとして「世界はここでしか聞けないってTOUR」を4都市で実施。ツアーファイナルとなる8月25日の東京・UNIT公演のみ、菊地成孔(Tenor Sax)、安藤康平(Alto Sax)、田島華乃(Violin)、関口将史(Cello)がスペシャルゲストとして演奏に参加する。

Source : http://alljpop.co/

Tracklist


Lyric


1. Driving Out Of Town
2. 空想飛行
3. SUNNYSIDE
4. 花火
5. Birthday Alone
6. ここにしかないって言って
7. 時止まる街
8. 二人
9. 透明なセイウチ
10. 最終列車 君を乗せて
11. the dawn will come


1. Driving Out Of Town

作詞:Helen Eriksen
日本語詞:吉田沙良・角田隆太
作曲:Helen Eriksen

窓の外見ても変わろうとしない風景
ここにいない君を待ってる昨日と同じデジャブ

ミシェルゴンドリーのように全部リアルな夢
ここにいる君とドライブして月に近づきたいの

夢の中はまだ工事中で私たちの車と同じスピードで風景は出来上がってくよ

ミサイル飛び回る街で二人踊って
綺麗な夕焼けを選んで切って貼って
白のクレヨンで未来を少し変えて
ここにいる君が昨日のデジャブになって欲しい

窓の外見ても変わろうとしない風景
ここにいない君を待ってる昨日と同じデジャブ


2. 空想飛行

作詞:角田隆太
作曲:角田隆太

2時間ちょっとのショートフライトで
桜の森の満開の下
眠る間もなく都会から異世界へ
準備忘れたハイヒールのまま

視界は現在良好 時刻通りの到着予定
それでも行き先は雨 二人らしくて可笑しいよね

透明な君の身体 くぐり抜けたら上昇気流
出くわす迷子の感情 つれて彷徨う空想飛行

不確かな雲に隠れてキスして
忘れてくんだ いまどこ だろ
確かめたくて呼んだ君の名は
まどろみにこだましている
単純明快な答えはどうも
感動出来ない 鮮やかすぎて
離陸するときの不安にまざる
切なさぐらいがちょうどいいから

噛み砕くことも出来ない いつまでも味のする飴
もう飽きて次に行きたい はやく大人になりたいのに
透明な君の身体 くぐり抜ける度思い出す
幼い頃の記憶は まるで儚い空想飛行

不確かな雲に抱かれてキスして
うすまる空気 気が遠くなる
確かめたくて目を開けたらもう
真っ暗闇に星が光る

不確かでもいいよ もう一度キスして
忘れちゃったんだ いまどこ だろ


3. SUNNYSIDE

作詞:角田隆太
作曲:角田隆太・吉田沙良

Sunday Noon 陽のあたる表通り
憧れてたEasy Life 思い描けば
和らぐCrazy Noise この風に乗せて
口笛吹けばきっと Life Can Be So Sweet

隙間を埋めるため吐き出す間に合わせのストーリー
伝えたいことも忘れて
あの頃は言ってた Don’t Stop Music 音を止めないで
現実となった今では 見放された画面の砂嵐より退屈で

Sunday Noon 陽のあたる表通り
憧れてたEasy Life 思い描けば
和らぐCrazy Noise この風に乗せて
口笛吹けばきっと

気持ちいい/気持ち悪い
馬鹿らしいYes/No Questionに気づかず答える日々
耳を澄ました心の声 雑音多くて接続不安定やっと聞こえてきたのも
誰かがデザインしたニセモノのインプレッション

Sunday Noon 陽のあたる表通り
行き交う人の波 溺れかけても
忘れるな Lazy Vibes
この風感じて 焦ることないさ
Life Can Be So Sweet

Life Can Be So Sweet Pie
オシャレして繰り出す 行き交う人の波 ひらりと交わし
真昼の舞踏会 踊ろうよSweety Pie 出鱈目なこの世界で

I just walk on Su nny Side of the street I saw once in a dream
足取りは軽やかに
I just walk on Sunny Side of the street I saw once in a dream
下手でも踊れば勝ち
La LaLaLa LaLaLaLa La LaLaLa LaLaLaLa
La LaLaLa LaLaLaLa La LaLaLa LaLaLaLa


4. 花火

作詞:角田隆太
作曲:角田隆太

信号かわり Hey,You Don’t Stop
行き先は知らない 誰もわかっていない
のに続く行進 舗装された無意識
自分の意思のようで 本当はレディメイド
そういやあの時答えた 馬鹿らしいYes/No Question
どうやらあそこが分かれ道だったみたい
火薬の匂い 渇く喉 コーラ飲みたい

弾ける花火に君が重なって消えた
僕の黄色、赤、緑 飛び散った
広がる熱の波紋 指の先まで
夕焼け崩れる 大きな音を聞いた
時間がない 出口を探す
第六感は閉鎖中
40秒で途切れる思考
いつからこんなになっちゃったんだ

弾ける花火に君が重なって消えた
僕の黄色、赤、緑 飛び散った
広がる熱の波紋 指の先まで
夕焼け崩れる 大きな音を聞いた

フラッシュバック 微笑む君の手をとろうと
伸ばした手は空を切り天を仰ぐ
露に濡れる夏草に抱かれて
最後にもう一度だけ引き金ひいた


5. Birthday Alone

作詞:角田隆太
作曲:角田隆太

東の果てに独り 夜に落ちてくあなたと
不器用なわたし 結ぶには力不足な受話器
中途半端な優しさ 声に混ぜて聞いたって
響かない もう戻れない 夜だけが深く降り積もってく

壊れたまま 終わっちゃえばなんて楽だったろう
無言の受話器 求めてしまうよ 救いを赦しを
点と点結んで描いた 不確かなビットマップ
手に入れたような気になってただけ モザイクの安らぎ
東の果てに独り 夜に落ちてくあなたと
不器用なわたし 結ぶには少し遠すぎる距離
中途半端な優しさ 声に混ぜて聞いたって
響かない もう戻れない 嫌なイメージ振り払いたいのに

受話器を少し動かして熱を逃がしてから
音をたてずに目を閉じて深く呼吸をした
ようやく今日の電話の用件辿り着いたよ
本当はもう少し 笑顔で言いたかった
Happy Birthday


6. ここにしかないって言って

作詞:角田隆太
作曲:角田隆太

くちびる重ねるあいだは
思い出したくないこと2,3個あるほうがいいよ
抱きしめて強く 逃げ道なんてないでしょ
世界はここにしかないって上手に言って

Crazy Noise 出鱈目なこの世界で 君が好き
それでおしまい もう眠りたいよ
でもまだ続くんでしょ わかってるんだけど
世界はここにしかないって上手に言って


7. 時止まる街

作詞:角田隆太
作曲:角田隆太

ああ 僕は行くよ 色づく緑と光のハレーション
夕暮れに賑わう 見送りの中に 君はいなかった

すれ違うその度 こすれてついた色に捕われ動けなくなっていた
取り繕う間に 本当の事は風に流され 言い出せずにいたんだ

いつからだろう あんなに近づいた僕ら今や
思い思いのうわの空見上げ 口つむいだまま
変わる季節に身を委ね 過ぎるのを待ってる

ああ 僕は行くよ 時止まる街に 君を残して
遠く過ぎてく日々 過ぎてく温もり 儚い夢のよう
ああ 切り抜かれた僕の右隣 手をとって踊る何処か足りない 歪なワルツの リズムに合わせて

壊れた秒針 進まないわけは
2人かけ違えたその日を 見えないように隠してしまって
忘れたふりしてるから 気づいてたよね

ああ 気づいてたよ 色づく緑と光のハレーション
夕暮れになれば 君が出てくこと 時を動かすこと

ああ お別れだね わたしはここから 見守っているよ
君が残した優しさと嘘と 手をとって踊る
ああ 叶うならば この先もずっと ずっと強く生きていて
君の好きな 歪なワルツの リズムに合わせて


8. 二人

作詞:吉田沙良
作曲:角田隆太・吉田沙良

二人だけの話をしようよ 小さな声でさ
世界がここだけみたいに
息を吸うのも忘れてさ

なおりかけの風邪みたいに
随分長い雨だね
ほんのすこし前に感じたことも
すぐに忘れてくのに

大切なうた 発作のように
何度も何度も思い出すよ

二人だけの話をしようよ 小さな声でさ
世界が怒ってもいいから
いつまでもいつまでも
優しい気持ちにしておくれ

少しずつ時が過ぎて
笑うことも増えてきたけどほんとはずっと泣いていたいんだ
あなたを忘れてしまわないように

いまでもあなたが 笑ってるみたいに
あの日の空に 虹色の雲をみた
途方もない空は 何も言ってくれない
だけど静かに 見ててよ
いつまでも いつまでも

悲しいことも溶かしておくれ

二人だけの正解ならば 大きな声でさ
世界が怒ってもいいから
息を吸うのも忘れてさ

二人だけの話をしようよ 小さな声でさ
世界がここだけみたいに
いつまでも いつまでも
優しい気持ちにしておくれ


9. 透明なセイウチ

作詞:吉田沙良
作曲:角田隆太・吉田沙良

繰り返し朝が来て 感情を着せ替えてる
大人になったね
小さい頃に見えた 幻か奇跡たちは 気のせいなのかな

過去と未来の中を交互に見渡しては 後悔している
失ってから気づく それが定説だよね
けどそれを打破したい

途方に暮れてる 顔がむくんでる
人任せにした 自分の命はどこ?

透明なセイウチ
今私のそばにいるの?
姿を見せてよ 波音だけ立ててないで
今ならきっと分かる 姿を見せてよ
ねぇ お願い

聞き逃した言葉を聞き返す勇気もないまま
今日が終わってく
無限に用意された答えの中から選んだ気持ちはホンモノ?

一瞬で景色が 変わってしまった今日
声が枯れる前に 誰に打ち明けたらいい?
泣いちゃだめだよ 普通にしてたいのに
胃の中のイガイガは 私にしか分からないでしょ

透明なセイウチ
今私のそばにいるの?
姿を見せてよ 波音だけ立ててないで姿を見せてよ

(Waiting For The Sun)

透明なセイウチ
今私はここにいるよ
姿を見せてよ

透明なセイウチ
今私のそばにいるの?
姿を見せてよ
透明なセイウチ


10. 最終列車 君を乗せて

作詞:角田隆太
作曲:角田隆太

いいよ もう言葉は探さないで
いいよ 今は何かを見ようとしないで
揺らして 優しく 夜の終わりまで
最終列車 君を乗せて

少しだけ心配していたんだよ
強がる君のこと
許せないままでは先に進めないって
どこかで気づいていたのに
不器用に答え求め続ける

いいよ もう言葉は探さないでいいよ 今は何かを見ようとしないで
揺らして 優しく 夜の終わりまで
最終列車 君を乗せて

幾層にも絡んだ糸は
もうじきほどけてゆくから
こわばった肩の力抜いて
息を吸って ここに吐き出して

いいよ もう言葉は探さないで
いいよ 今は何かを見ようとしないで
揺らして 優しく 夜の終わりまで
最終列車 君を乗せて


11. the dawn will come

作詞:角田隆太
作曲:角田隆太

途方もなく長い夜だった
瓦礫にまみれて私は泣いてた
来なくていいよ このまま全部が
闇に呑まれてしまえばいいのに

the dawn will come for everyone,everyday,every night
黒に入ってくヒビ 聞こえる 夜明けのメロディー

MV

ものんくるmini 『希望のこと』strings ver

Download

Add To Favorites

984 likes
Upvote Downvote

Total votes: 6

Upvotes: 4

Upvotes percentage: 66.666667%

Downvotes: 2

Downvotes percentage: 33.333333%

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *