in

ヒトリエ – IKI

ヒトリエ IKI Download MP3 RAR ZIP M4A AAC Hitorie IKI

Download ヒトリエ IKI / Hitorie IKI (MP3 / 320 KBPS / ZIP / AICL-3227)

Description


Artist : ヒトリエ (Hitorie)
Title (Album) : IKI
Release Date : 2016年12月7日

内容紹介 :

ヒトリエが12月7日にリリースする3rdフルアルバムのタイトルが「IKI」に決定。さらに本作の収録曲が発表された。

アルバムには、すでに彼らのライブで披露されている「ハグレノカラー」「KOTONOHA」「リトルクライベイビー」などを含む全10曲を収録。初回生産限定盤にはスタジオライブの模様とレコーディングのドキュメンタリー映像が収められたDVDと、wowaka(Vo, G)による制作手記などが付属する。なお過去作に引き続き、グラフィックデザイナーの永戸鉄也が手がけたジャケットアートワークも公開された。

またヒトリエは本日11月1日に全国ツアー「HITORI-[E]SCAPE 2016 tour “5”」をスタートさせた。彼らはこのツアーで12月1日の大阪・梅田CLUB QUATTROまで全5カ所を回る。

Tracklist


Lyric


1. KOTONOHA
2. 心呼吸
3. リトルクライベイビー
4. イヴステッパー
5. Daydreamer(s)
6. 極夜灯
7. doppel
8. ハグレノカラー
9. さいはて
10. 目眩


1. KOTONOHA

作詞:wowaka
作曲:wowaka

「主義主張も無い癖にやたら斜に構え意思を投げる少年
夢、理想がありながら独り泣き濡れてそれを隠す少女
どちらかってないだろう
どちらだっていいんだろう
どちら様ですかなんて、なんてくだらない世界、
に突きつけた銃口。
趣味嗜好の快楽にいやに忠実に身を任せる少年
死に物狂わせた姿、指を指してケラケラ笑う少女」

その誰しもがあたしで、その誰しもが僕だ、
ならどうしてなんだろう
息も出来なくなるほどに噎せる鼓動

わけもわからなくなってそれでもあたしは唄うの!

言葉、言葉、吐き出してただ
届け、届け、まだ見ぬ人へ
待てど、待てど、叶わぬ夢も
ひとり、ひとり、抉じ開けに向かう

「意味理由の無さゆえまるで世界に敵もいなさ気な少年
夢、理想がありながら独り泣き濡れてそれを隠す少年」

どちらだっていいだろう?
どちらだっていいだろう?
どちらの言葉も、だって「なんてつまらない世界」に向けられた銃口。
「有象無象の誘惑にまるで気を許す気配もない少女
趣味嗜好の快楽にいやに忠実に身を任せる少女」

どちらだっていいだろう?
どちらだっていいだろう?
どちらの言葉も、だって「だってくだらない世界」を決めつける暴論。

その2つとも今日で
その2つとも今日だ
挟まれてるあたしが導き出す答えは
その誰しもがあたしで、その誰しもが僕だ、
ああ、どうしてなんだろう
息も出来なくなるほどのこの気持ちは

居ても立ってもいられないよ
全細胞が震えてるんだ

心躍る、このリズムに乗る
音で、音で、僕は唄うの
果ての、果ての、その向こうまで
声を、声を、枯らし続ける

言葉、言葉、吐き出してただ
届け、届け、まだ見ぬ人へ
待てど、待てど、叶わぬ夢も
ひとり、ひとり、抉じ開けに向かえ


2. 心呼吸

作詞:wowaka
作曲:wowaka

この手の先に触れた、
運命と名のつくもの全て
当たり前に木霊するあたしだけの現実さ

それもそうさと受け入れたつもりのこの心にさえも
したり顔で迫るのはあたしだけの運命だ

君の中に溢れた憂鬱の量も数え切れず
当たり前に木霊するあたしだけの現実も

夢の外にこぼれた、
運命と名のつくもの胸に
ひとりきりで泣き叫ぶ未来に楯突いていくんだ

「待って!待って!待って!その声を聞かせて!」

その心の息に触れて
波打つ脈であたしの手を引いて
この世生きる終の日まで
息を吸って吐いて、呼吸をやめないで

この生命皆平等に始める有限の呼吸で唄って
何万回目にして運命とやらの未来が笑う

夢の外で途切れた明確な今日を数え切れず
当たり前に木霊するあたしだけの現実も

この手の先に触れた、
運命と名のつくもの全てしたり顔で迫り来るあたしだけの現実さ

君の音で溢れた窮屈な箱に鍵をかけて
ひとりきりで泣き叫ぶあたしを笑うのならば

それもそうさと唄えばいい
どうしようもないことばかりのこの世界も
全部、全部、全部、全部、あたしの思うまま唄にするの

ねえこの脈止まる日は一体今日から数えて何秒だ?
あたしに残された猶予って世界から見たらどうなってんだ?
ねえその息を止めてしまえば寧ろ楽になれるのかしら?
でもねそんな結末で笑えるあたしなんて見たくは(ない?)

泣いて、泣いて、泣いて、泣いて
お願い、あたしに気付いてよ

その心で音を超えて
波打つ脈と、あたしを刺す風景
この世生きる終の日まで
息をするだけ
息をするだけ、ああ

この手の先に触れた、
運命とやらの未来にさえも
当たり前に迫るのはあたしだけの現実さ

それもそうさと受け入れたつもりのこの心、
今まさに迫り迫るのはあたしだけの運命だ


3. リトルクライベイビー

作詞:wowaka
作曲:wowaka

僕の生まれたその朝を
君は待っていたのかい、
気付いてもいないのかい
泣き声のあげ方を教えてよ

僕は生まれて
君に見つけてもらいたいなんて
笑って、泣き声を探してる
なんて意地悪い世界なんだろな

張り裂ける直前の胸と今すぐにでもと叫ぶ声
両の手で握ってしまった今
ありあわせの言葉なんて、
もうどう考えたって要らないよ
僕には必要もないはずだよ
行ける、飛べる、この足のまま

夢が産声を上げる!
何千回と叫ぶ度、繰り返すその命だけ
手を離しはしないと決めた
君の泣き顔の果ても
我武者羅に追いかけるの
この煌めきの色へ、おいでよ

思い切り吸い込んだんだ、毒も薬も
全部必要だって
なんとなく知っていたんだ
誰に教わるでもなくさ

君もそうなんだろう初めての呼吸をいつだって探してんだろう
気付いてもいないうち
世界を旅して回る君に出会うでしょう

憂鬱な感情の雨に
押し流されそうになるまで
口をキュッと結んで
こらえ続けるあなたを見てきたよ
その雨に流した涙も、
未だ枯れぬ美しい弱さも、
一つ残らず連れていこうか

この声
何処までも行け
第六感の向こう側で光る感情に触れて
手を離せはしないのだから
君の泣き声が、僕の心臓を動かしているの
もう止めることなど出来やしないよ

僕の生まれた
その朝に君の声を聞いて
誓ったんだ
君の生まれたこの世界ごと飲み干して
歌を唄い続けること

夢が産声を上げて
何千回と叫ぶ僕、繰り返すその命だけ
手を離しはしないと決めた
君の泣き顔の果てを
我武者羅に追いかけるよ
その煌めきの色へ、行けるよ


4. イヴステッパー

作詞:wowaka
作曲:wowaka

夜、夜
ただ深ける夜
気付いたらひとりきりだね

街が渇ききった表情をしても
濁るもの何ひとつもない

混じり合えない夢と夢の隙間縫って
ひとりきり、でも足音鳴らすために

靴を履いて音に身を任し
気の狂うまで唄うんだ

我を忘れて踊れ
東京、雑踏、せつなの夢
泣き腫らした眼を開けて
見えるものが何色だとも

君を忘れた街で
今日も、明日も、呼吸をするよ
待ち焦がした言葉だけ
言える僕は何処にいるだろう

夜、夜
また明けて夜
世界にもうひとりきりだね

僕は渇ききった表情をしてる?
澱みのないビートに乗ってる?
朝を意識わない世界が夢見た風景も
何処に行けども眼の前に現る壁も
分かり合えない君と僕の姿みたいで
寂しいよ、なんて思うのも違う気がしたんだ

ひとりきりのつもりだった
それで良いと思ってさえいたんだ
だけど今日も音に身を任し
君の顔、めがけて唄う

夜の奥底で踊れ
夢と夢の隙間でまた
抱き起こした心まで
忘れるほど馬鹿じゃないだろう

君を忘れた夜を
憎めるほどに歩いているよ
履き潰した靴もまた
ひとつ増える夜になるだろう

我を忘れて踊れ
東京、雑踏、せつなの夢
泣き腫らした眼を開けて
見えるものが何色だとも

君の忘れた街で
今日も、明日も、呼吸をするよ
待ち焦がした言葉さえ
言える僕が此処にいるだろう


5. Daydreamer(s)

作詞:wowaka
作曲:wowaka

あたしを全部見せたい
君を全部知りたい
そう思って眼を開いたんだ
揺らいで滲む風景

夜がまた来るな?
声が聞きたくなるな?
きっと忘れられないな
もう終わってしまうのに

あたしは全部見せたい
君を全部知りたい
「どうなってもしまってもいいよ」って
笑ってみたんだ

「さよなら、また明日」
当たり前に言ったんだ
その裏で泣いていた心に背を向けて

間違ったことばかりしてしまうあたしだけど
その度に気付くのです、淡い思いに

分かり合えぬことを見せる世界の
ど真ん中にいる君の声が
夢で鳴って、夢で鳴って
ひとりで
ひとりでまた

今日も回るこの世界の
ど真ん中に立つあたしを思って
夢で泣いて、夢で泣いて
今すぐ
今すぐにさ

淡い現
微睡むのは
あたしの見る真昼の夢
痛いくらいに覚束ぬ
思いをまたひとつ握って

夜がまた来るけど
声が聞きたくなるけど
この夢から醒めたくはないの
気付いていますか?
勘違ったことにさえ
為りもしないようなことで
愛されたつもりになって
笑ってた
笑ってたよ

もう終わってしまう夢、の端っこで
ひとりうずくまって
じゃあどうしようかなんて唄っている

当たり前にあたしを拒む世界の
裏っ側にある夜を纏って
君は泣いて、君は泣いて
それで良いんだなんて言ってる

今日も変わらぬこの世界は
ど真ん中に立つあたしを残して
ただ回って、ただ回って
夢を終わらせようとしてる

勘違ったことにさえ
為りもしないようなことで
愛されたつもりになって
笑ってさ
笑って、泣いて、
間違ったことばかりしてしまう
あたしだけど
その度思い知るのです、君への思いに

分かり合えぬことを見せる世界で
ど真ん中にいる君を思って
夢で泣くよ、夢で泣くよ
ひとりで
ひとりでまた

今日も回るこの世界の
ど真ん中に立つ君を思って
夢で泣いて、夢で泣いて
今すぐ
今すぐにさ

ねえ
あたしを見せたい
君を全部知りたい
きっと忘れられないな
揺らいで消える風景


6. 極夜灯

作詞:wowaka
作曲:wowaka

世界から
忘れられてしまうほど
深い夜を歩いては
何を思えばいいんだろう、だなんて
浮かれた夢の色を
寂れた街の声を
当たり前に覚えてる

世界から
取り残された場所
誰もいない場所
ここで何を始めようか、なんて
意味もなく笑えてくるんだ
わけもなく泣けてくるんだ
それでも嫌いになれないよ
あたしはいけるかな
この夜、照らす灯りの方まで
ひとりで
あたしはいけるかな
あなたが照らす道の向こうまで
ああ

世界から
忘れられてしまうほど
深い夜を歩いては
何を思えばいいんだろう、だなんて
浮かれた夢の色も
寂れた街の声も
いつだって思い出せるの


7. doppel

作詞:wowaka
作曲:wowaka

機械仕掛けの街並みではぐれた2人の行方
決壊しかけのビルディングを蹴飛ばして、目を瞑って

冷たい風を纏った男の子
無邪気にはしゃいでる女の子

この街の何処にも居場所はない
生き写しの2人、彷徨って
「やはり君は何処にも見当たらない」
何故か心が躍りだすの

「消えてしまえよ、僕の知らないところでさ」

未来を思い笑うわ
あたしもきっと、あたしもきっと

「浮かれてしまえよ、僕の見えないところでさ」

そう言って深くまた息を吸い込んで

擬態だらけのこの街で集めたお互いの声
メッセージなんて無いながらひたすらにその欠片探して

いつまでも何処にも見当たらない
生き写しの2人、あてもなく瓦礫を踏みながら歩いている

この街、何処にも居場所はない
今すぐに此処で笑ってほしい
やはり君はあたしの顔をした

見透かしてしまえ
「枯れてしまえよ、僕の知らないところでさ」

あなたを思い笑える
あたしもきっと、あたしもきっと

「生まれてしまえよ、僕の見えないところでさ」

そう言って強くその口を結ぶの

機械仕掛けの街並みではぐれた2人の行方
決壊しかけのビルディングを蹴飛ばして、目を瞑って

擬態だらけのこの街で集めたお互いの声
メッセージなんて無いながらひたすらにその欠片探して

いつまでも何処にも見当たらない
今すぐに此処で笑ってほしい
やはり君は何処にも見当たらない
生き写しの2人、彷徨って

されども僕が何処にも見えない
同じくあたしは何処にも在れない
生き写し、の、あたしを消して

「消えてしまうよ、僕の知らないところでさ」

未来を思い笑うわ
あたしはきっと、あたしはきっと

「浮かれてしまえよ、僕の見えないところでさ」

そう言って深く
また息を吐いている


8. ハグレノカラー

作詞:wowaka
作曲:wowaka

生粋の愛の形で、形でたぶらかせる。
心に宿る毒を吐く。

イメージ通りの言葉に、言葉にはぐらかされる。
行方を辿るこの世界。

一切の愛の形も、形も受け付けられぬ、
心に触れるその手が。

イメージ通りに浮かれた、浮かれた色で染まるは、
行方も知れぬあの娘だ。

揺れる 歌える 馳せる 聴こえる
染める 染まる 染める 色で
跳ねる 叫ぶ 駆ける 音で

想像して。想像して。想像して。

夢にはぐれたあの娘が笑えば、街に流る色も滾るだろう?
君にはぐれたあたしが笑えば、夢に流る音も踊るだろう?

生粋の才に憧れて、憧れて待ち草臥れる。
心に居座るあの娘が。

鮮明に視える。
忘れた、忘れたはずだったのになあ。
色とりどりのこの世界。

生粋の愛の形で、形で灼き付けられる。心に触れるその眼が。

一切の愛の形も、形も色で染まれば、
不思議と現るあの娘だ。

背景を塗り潰して、消してを繰り返して、
はぐれた色ぶち撒けて、つまりは夢を見ているの

生粋の愛に憧れて
イメージ通りの言葉で
行方知れぬあの娘へあたしは歌う

揺れる 歌える 馳せる 聴こえる
染める 染まる 染める 色で
跳ねる 叫ぶ 駆ける 音で

好ける 嫌える 泣ける 笑える
生きる 生きる 生きる そうやって

わけも分からず叫ぶ明日を、
想像して。想像して。想像して。

夢にはぐれたあの娘が笑えば、街に流る色も滾るだろう。
君にはぐれたあたしが笑えば、夢に流る音も踊るだろう。

あたしにはぐれたあの娘が笑えば、
あの娘にはぐれたあたしが笑えば、

僕に流る音も踊るだろう!


9. さいはて

作詞:wowaka
作曲:wowaka

今まさに僕が消えてしまっても、世界の針は止まらないと
なんとなくわかってる、生まれつきに知ってる
それでもこの世界で生きて
今まさに君がここに辿り着き
世界の針を止めに来たと無邪気に笑ってる

眩しさで痛いよ

此処で弾けるありとあらゆる感情の煌めきを、
愛せると今の僕は言えるよ、言えるよ
廻り廻る時間の果てでまた次は僕が君の元へ行くよ
さあ始めよう、世界を
世界を

今すぐ、今すぐ

今まさに僕が消えてしまうなら君はどんな顔をするのかな
なんとなくわかってる、生まれつきに知ってる
世界はそうやって回ってる
無邪気に笑ってる、その意味を探すの
積もり積もる煌めきの色
不確か、されど鮮やかな色
もう眼を逸らさず行けるよ、行けるよ
無邪気に笑っている僕らをただひたすら生かしておくれと
もう迷わず言えるよ、言えるよ

なぜ生きるかなんて答えなどはなくて
それでも僕は知りたいんだ、きっと
いつか消えるその瞬間に何が見えようと見えまいと

積もり積もる煌めきの色
不確か、されど鮮やかな色

もう眼を逸らさず行けるよ、行けるよ

廻り廻る時間の最果てで次は僕が君の元へ行くよ
さあ始めよう、世界を
世界を
此処で弾けるありとあらゆる感情の煌めきを、
愛せるともう迷わず言えるよ、言えるよ

今はもう迷わず行けるよ、行けるよ


10. 目眩

作詞:wowaka
作曲:wowaka

僕の眼を照らしてるまるで知らない色の光も
僕に手を伸ばしてるまるで知らない君の声も
何故か懐かしくて思わずこの身体が動く
この夜を駆け回る僕の姿がありました

君の眼を彩る僕の知らない名前の光が
この夜を照らしてく
どれだけ世界が拒もうとも
何処にも染まれぬひとりきりの思いは今日もまた
この夜を駆け回り僕の心の臓も灼け焦げた

言葉さえ意味を持たぬ世界を夢に見たことを
誰にも明かせずひとり瞼を腫らした夜も
歪な形でもそれが僕だと教えてくれた
この夜を駆け回る光だって知っているはずだよ

忘れたはずの悲しみも
思い出せない歓びも
消えてなんてない
僕と背中合わせで立っているだけ

思いを思うだけいつも寂しいのは
それをただひたすら願っている標しだから
願えば願うだけそれが眩しいのは
それをただひたすら思っているあなたがいるから

君の声を彩る見たこともない色の光が
この夜を塗り潰す
どれだけ時間に抗おうとも
言葉さえ意味を持たぬ世界を夢に見てたこと今ならば言えるかい
僕は言える気がしてきたよ

わかりきったことなんて
何一つだってない世界だけど
重ね重ねた時間がどれほど僕らなのかを知ったよ
忘れ様もない悲しみも
忘れられない歓びも
手で掬って、背に従えて、未だ知らない場所へ行こう

覚えてる
僕らはいつも間違っては
その度に世界から笑われて泣いてたよ
覚えてる
それでも眩しさに夢を見る
歪な姿でもそれが僕だと笑ってくれた

言葉さえ意味を持たぬ世界を夢に見たこと
誰にも明かせずひとり瞼を腫らしたこと
忘れたはずの悲しみ
忘れられない歓び
消えてなんてない
僕と背中合わせで立っているだけ

思えば思うだけ
それが眩しいのは
それをただひたすら願っている君だから
わかってる
僕らは眩しさに夢を見る
変わらぬまま行こう
未だ知らない場所へと向かおう

MV

ヒトリエ 『リトルクライベイビー』MV / HITORIE – Little Cry Baby

Download

Add To Favorites

4471 likes
Upvote Downvote

Total votes: 89

Upvotes: 80

Upvotes percentage: 89.887640%

Downvotes: 9

Downvotes percentage: 10.112360%

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *