,

岩佐美咲 – 鯖街道

岩佐美咲 鯖街道 Download MP3 RAR ZIP M4A AAC Misaki Iwasaki Saba Kaido

Download 岩佐美咲 鯖街道 / Misaki Iwasaki Saba Kaido (MP3 / 320 KBPS / ZIP / TKCA-74465)

Description


Artist : 岩佐美咲 (Misaki Iwasaki)
Title (Single) : 鯖街道
Release Date : 2016年1月11日

内容紹介 :

岩佐美咲が2017年1月10日にニューシングル「鯖街道」をリリースする。

今年3月にAKB48を卒業し、演歌歌手として活動を続けている岩佐。自身にとって6枚目のソロシングルである今作の表題曲は、福井県から京都府へと向かう道「鯖街道」が舞台となっている。プロデュースはこれまでのシングルと同じく秋元康が担当。岩佐は「鯖街道」について「今までにない新鮮な雰囲気です。流石秋元先生!」とコメントしている。

シングルは初回限定盤と通常盤の2形態が用意され、限定盤には川中美幸「ふたり酒」のカバーが、通常盤には北原ミレイ「石狩挽歌」のカバーおよび岩佐のギター弾き語りによる「なごり雪[アコースティック・バージョン]」が収録される。

このほか岩佐は11月30日にソロアルバム「美咲めぐり~第1章~」を発表する。


Misaki Iwasa releases a new single “mackerel highway” on January 10, 2017.

Iwasa who graduates from AKB48 in this March, and continues being active as an enka ballad singer. As for the title music of the product, a way “mackerel highway” toward Kyoto from Fukui becomes the stage for oneself in now that is the sixth piece solo single. Yasushi Akimoto is in charge of the produce as well as a conventional single. Iwasa “is an unprecedented fresh atmosphere about “a mackerel highway”;, as is expected, comment with Mr. Akimoto!”.

In the single, 2 forms of the first limited board and the normal board are prepared for, and “the trace snow” [acoustic version] by the guitar recital with a musical instrument of cover of the Kitahara ミレイ “Ishikari funeral march” and Iwasa is usually recorded in a board covers of the Miyuki Kawanaka “two liquor” on a limited board.

In addition, Iwasa announces solo album “visiting Misaki … Chapter 1 …” on November 30.

Tracklist


Lyric


1. 鯖街道
2. 石狩挽歌
3. ふたり酒


1. 鯖街道

作詞:秋元康
作曲:福田貴訓

小浜(おばま)の港に鯖が揚がる頃
溢れる涙は枯れるでしょうか

終わった恋を塩漬けにして
根来坂(ねごりざか) 越える

京は遠ても十八里
未練背負い 一人旅
あなたが愛しい
ああ 鯖街道

心がかじかむ 小入谷(おにゅうだに)辺り
別れの痛みを思い出させる

人の気持ちは腐りやすくて
山道を急ぐ
京は遠ても十八里
惚れたままで忘れたい
女の恋路は
ああ 鯖街道

鞍馬(くらま)が見えたら目指す地も近い
気持ちの整理もようやくついた

運んだ愛もいい塩梅に
しあわせな日々よ

京は遠ても十八里
少し強くなれたかな
あなたを想って
ああ 鯖街道


2. 石狩挽歌

作詞:なかにし礼
作曲:浜圭介

海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると
赤い筒袖(つっぽ)の やん衆がさわぐ
雪に埋もれた 番屋の隅で
わたしゃ夜通し 飯を炊く
あれからニシンは
どこへ行ったやら
破れた網は 問い刺し網か
今じゃ浜辺で オンボロロ
オンボロボーロロー
沖を通るは 笠戸丸
わたしゃ涙で
ニシン曇りの 空を見る
燃えろ篝火 朝里の浜に
海は銀色 ニシンの色よ
ソーラン節に 頬そめながら
わたしゃ大漁の 網を曳く
あれからニシンは
どこへ行ったやら
オモタイ岬の ニシン御殿も
今じゃさびれて オンボロロ
オンボロボーロロー
かわらぬものは 古代文字
わたしゃ涙で
娘ざかりの 夢を見る


3. ふたり酒

作詞:たかたかし
作曲:弦哲也

生きてゆくのが つらい日は
おまえと酒があればいい
飲もうよ 俺とふたりきり
誰に遠慮がいるものか
惚れたどうしさ おまえとふたり酒

苦労ばっかり かけるけど
黙ってついて来てくれる心に笑顔たやさない
今もおまえはきれいだよ
俺の自慢さ おまえとふたり酒

雪がとければ 花も咲く
おまえにゃきっとしあわせを
おいでよ もっと俺のそば
つらい涙にくじけずに
春の来る日を おまえとふたり酒

MV

岩佐美咲「鯖街道」2017年1月10日発売

Download

Add To Favorites

4508 likes
Upvote Downvote

Total votes: 110

Upvotes: 109

Upvotes percentage: 99.090909%

Downvotes: 1

Downvotes percentage: 0.909091%

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *