,

鈴華ゆう子 – CRADLE OF ETERNITY

鈴華ゆう子 CRADLE OF ETERNITY Download MP3 RAR ZIP M4A AAC Yuko Suzuhana CRADLE OF ETERNITY

Download 鈴華ゆう子 CRADLE OF ETERNITY / Yuko Suzuhana CRADLE OF ETERNITY (MP3 / 320 KBPS / ZIP / AVCD-93528)

Description


Artist : 鈴華ゆう子 (Yuko Suzuhana)
Title (Album) : CRADLE OF ETERNITY
Release Date : 2016年11月23日

内容紹介 :

和楽器バンドのボーカリスト・鈴華ゆう子が1stソロミニアルバム「CRADLE OF ETERNITY」を11月23日にリリースする。

今作には鈴華が作詞作曲を手がけたオリジナル曲を収録。さらに11月22日発売のゲーム「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」のオープニングテーマに決定している「永世のクレイドル」および同ゲームのエンディングテーマ「Remains」、10月にMBS・TBS系で放送開始されるアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の挿入歌「戦火の灯火」といったタイアップ曲など全6曲が収められる。

ミニアルバムの仕様は通常盤やmu-moショップ・FC八重流専売数量限定盤のほか、数量限定生産のCD+DVD盤、CD+Blu-ray盤、CD+CD盤の5形態が用意される。DVDとBlu-rayには「永世のクレイドル」のミュージックビデオとそのメイキング映像が収められるほか、CD+CD盤にはAimer「RE:I AM」と森口博子「水の星へ愛をこめて」のカバーが、通常盤にはボーナストラックが収録される。

さらに全仕様共通の封入特典として「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」に登場する鈴華をモチーフにしたオリジナルキャラクター“ユーコ・オルテンシア”を先行ダウンロードできるプロダクトコードが付属する。

皆様の応援のおかげでこの度ソロデビューという機会をいただくことができ、心から大変感謝しています。私は幼き頃からピアノと和の世界を両立して生きる事が自然体でした。今回のソロにおいては、ひとつのジャンルにとらわれず、私に存在する様々な表情をみせられる場所だと思っています。これまでにまだ皆様に共有する機会のなかった、私の中で鳴っている音や、うずまく言葉たちを全て届けていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

Tracklist


Lyric


1. 永世のクレイドル
2. 戦火の灯火
3. step forward
4. 雪時計
5. Remains
6. 背中合わせ
7. 永世のクレイドル-PIANO SOLO-
8. 提供
9. Remains -BALLAD-
10. 提供
11. RE:I AM
12. 水の星へ愛をこめて


1. 永世のクレイドル

作詞:黒うさ
作曲:黒うさ

青い空は遠く 広がって
幾つの火が消えるのだろう?

君が願う夢の その欠片を全て集めてゆく

憧れは絡まった車輪
黄昏の様に深く

一人きりではとても 超えられない夜には
悲しみのその全てにと 希望を燈そう

永遠がきっとあって 誰もが手をのばして
いつか君のその手を握るよ

風に舞った砂が降り注ぎ
歩む足は重くなって

例えば今日眠る場所も
何もかもを失っても

朧気な温もりを探した
時が移ろう程に
振り返るだけ過去は
争いを求めたんだ
誰の為にと悩み答えを探して

簡単な位きっと それはすぐ傍にあって
枯れ果てた涙へと変わった

憧れは空回る車輪
錆びついたまま消えた

流れていく日々から 君の声を探そう
両手にはもう持ちきれない程の枷

いつか冷たくなって その日が訪れても
枯れ果てた涙へと変わってても

一人きりではとても 超えられない夜には
悲しみのその全てにと 希望を燈そう

永遠がきっとあって 誰もが手をのばして
いつか君のその手を握るよ


2. 戦火の灯火

作詞:黒うさ
作曲:黒うさ

流れた時間は誰かの為に
大事なものだと気づくのだろう

まだこの声が届くのならば
せめて教えて

胸に残った 小さな灯火
いつか君と話していた想いがあった

ひとかけら繰り返す
サヨナラは言わないでと

激しさを増してゆく
戦火の中を走れと

もし君の手が ここにあるなら
今だけ 今だけ 離さないで

胸の痛みが 消えないならば
せめて笑って

汗は滲んで 埋もれたまま
今日は酷く 夜が長く寒くなってく
雨音がかき消した
泣き顔は見せないように

たとえここが果てでも
前を向けと叫んで

足りないものを 数えだしたら
氷雨はこの身を切り刻んだ

確かな事を 明日へ紡ごう
眠る間に

もし君の手が ここにあるなら
今だけ 今だけ 離さないで

胸の痛みが 消えないならば
せめて、ここで

流れた時間は誰かの為に
大事なものだと気づくのだろう

まだこの声が届くのならば
せめて教えて


3. step forward

作詞:鈴華ゆう子
作曲:鈴華ゆう子

目覚めがくる度 問いかけるシナリオ
「またおなじ…朝が来る…」
退屈な日々に 迷い込んだ全て
もう、ここじゃ 動けない

傷を負う程に繰り返す
もう少しあと少しstep forward

終わらない 変わらない 止まらない 世界に
こぼれた 欠片を
集めて 離さない 届いて 君まで
今すぐ 掴むよ 待ってて

笑い方さえも 忘れて吐き出す嘘
誰1人 振り向かず
単純な答え見ない素振りで 虚ろな目
ただ、それじゃ 生きれない

戸惑う程に過去に囚われず
もう一度恐れずstep forward
解けない 崩れない 消せない 記憶に
絡まる 弱さを
叫んで 戻らない 気づいて 君だけ
今なら 言えるよ 側にいて

理論の上に寝そべって
這いつくばってても
もう息もできないなんてまっぴらだし
抜け出さなきゃ
自分が1番信じている自分で
あるために oh

傷を負う事に慣れちゃいけない
もう少しあと少しstep forward

終わらない 変わらない 止まらない
世界でたたんでた 翼を
広げて 仰いで 飛んでく 君まで
今すぐ ゆくから 待ってて


4. 雪時計

作詞:鈴華ゆう子
作曲:鈴華ゆう子

夢の奥でね 見つめていたの
君のうつる 影法師の上
名前を呼ぶには照れ臭くて 手を伸ばし走った

明日会うのにただ“恋しい”と
口に出せず首を傾げて
今年は2人と願い込めて
澄んだ空 見上げる

オリオン座まで 届けるように
瞳閉じてそっと君を思う

雪花火 舞い上がり君の元へ
偶然の季節が愛映し出す
雪時計 時を刻み糸を繋ぐ
降り注ぐ軌跡が思い後押し

凍てつくほどの風のせいにして
ポケットの中で手を繋ぎ
全てを許してしまえるほどそばに居て ほしくて

目覚めの朝を
あなたと迎えて
永遠に続く明日を捧げよう

雪花火 舞い上がり君の元へ
かじかんだ手を握りしめて欲しい
雪化粧全て染め心揺らす
運命の扉を開く言ノ葉

もうこれ以上
1人にしないで

雪時計 時を刻み糸を繋ぐ
偶然の季節が絆を寄せて
雪舞踏吹き乱れ2人包み
ハラヒラと音を奏で夢を描く

雪化粧 全て染め心揺らす
運命の扉を開く言ノ葉


5. Remains

作詞:黒うさ
作曲:黒うさ

朝焼けはまた希望を運び
瞬く星を覆い隠した

確かめたくて何かにすがり
また歩き出す変わらないよ

数えた日々を生きた証にしよう
明日たとえ壊れても

その声がまだ 胸で消えない
絶え間なく押し寄せる程痛むよ

凍てついた空 雲の向こうに
君と会える願いを込めて

傾く月が水面に映り
渇きを少し 潤していく

確かな事は何もなかった
それでも僕は構わないよ
重ねた時間(とき)がいつか終わりそれが
砂漠の水の様でも

愛しさはただ 胸に残って
微(かす)かな記憶はくたびれても

新しい朝君と見つめた
手のひらへと小さな花を

その声がまだ 胸で消えない
絶え間なく押し寄せる程痛むよ

凍てついた空 雲の向こうに
君と会える願いを

愛しさはただ 胸に残って
微かな記憶はくたびれても

新しい朝君と見つめた
手のひらへと小さな花を


6. 背中合わせ

作詞:鈴華ゆう子
作曲:鈴華ゆう子

あなたの少しうしろを歩いて
触れるか触れないか繰り返し
それでもねまた 気づかないフリして見せる
不器用で可愛くないね

晴れた空が私を包んで流れる
背中合わせ 語り明かした
初めてのように

一度も声に出せず強がり続けて
ほろり落ちる涙の跡 隠して
勝手に此処にいるから いつものように笑って
私の心照らす光

幼い頃の 姿を浮かべたベンチで
少しだけ 時が止まるように
2人歩んだ あふれる思い出
共に生きてきた証だよね

今日から、あなたの前で
泣いたりしないよ背中合わせ 歩き出した
はじまりのように

二度と好きと言わずに
サヨナラと決めたの
スルリ抜ける指先まで 愛しい
別々の道生きて またこの場所で会おう
私の夢をみせた 光

優しさを押しのけて
素直じゃない私を
そっと抱き寄せた温もり 忘れない
2人出逢った奇跡
これからも胸の中
新しい明日へ

一度だけの言葉は
ありがとうとこぼれた
ほろり落ちる涙の跡 隠して
勝手に此処にいるから 変わらずにまた笑って
私の心照らす光


7. 永世のクレイドル-PIANO SOLO-


9. Remains -BALLAD-


11. RE:I AM

作詞:澤野弘之
作曲:澤野弘之

Please hear me
I want to tell you
Please sing to me
I wanna hear your voice

時の鼓動がまだ響く間 裸の言葉胸に閉じこめた
記憶の色が滲み始める 破れた世界の隅で
何も求めずにただ抱き寄せる 今の僕にはそれしか出来ない
震えた強がりでもプライドに見える 逸れた子供のように

最後の声さえも 風がさまようせいで消された
月に手を向けたまま 君は空の星に消えた

「側にいて」と抱きしめても もう2度と聞こえない君の歌声は
降り注いだ雨のサイレン 僕の代わりに今この空が泣き続ける
これまで踏みつけてきた教えを 今掻き集めこの胸に当てても
救い求め歌うようなお遊戯に見える 物語る大人のように

言葉に寄り添うだけの 空の愛と導きはいらない
触れられた祈りでは 明日の手掛かりに触れない

いつか君に届くはずの 名も無き幼い詩(し)が描くわがままを
忘れたいよ 一度だけ 眠れぬ悲しみがその詩(うた)を抱きしめてる

Freezing cold shatters my sorrow
And scorching sand puts it together again

投げ捨てられる正しさなら 消える事ない間違いの方が良い
臆病に隠してた声を今 この手でもう一度さらせば良い

掴む軌道も咲く光も 乾いた心のせいでモノクロに見えた
忘れないよ今日の景色を ありふれた願いが足元を照らしてくれる


12. 水の星へ愛をこめて

作詞:NEIL SEDAKA・訳詞:大西俊也
作曲:NEIL SEDAKA

蒼く眠る水の星にそっと
口づけして生命の火を灯すひとよ
時間(とき)という金色のさざ波は
宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね

心にうずもれた優しさの星たちが
炎あげ呼び合う……
波間さすらう難破船のように

もう泣かないで
いまあなたを探してる人がいるから
お前に逢いたいよと

愛は多分誰かのためにそっと捧げられた永遠(とお)い祈りなのね
人はひとりではいられない
淋しさの星座からこぼれた花片(はなびら)だからね

あなたが祈るたび宇宙(おおぞら)に帆があがる
優しさにひかれて
蒼い眠りを解かれた美しい星よ

もう泣かないで
いまあなたを探してる人がいるから
お前に逢いたいよと

もう泣かないで
いまあなたを探してる人がいるから
お前に逢いたいよと

MV

鈴華ゆう子 / 11/23発売「CRADLE OF ETERNITY」全曲ダイジェスト

Download

Add To Favorites

73 favorites
Like Dislike

Total favorites: 121

Favorites: 97

Favorites percentage: 80.165289%

Dislikes: 24

Dislikes percentage: 19.834711%

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *