,

Maison book girl – image

Maison book girl image Download MP3 RAR ZIP M4A AAC

Download Maison book girl image (AAC / 256 KBPS / ZIP / TKCA-74486)

Description


Artist : Maison book girl
Title (Album) : image
Release Date : 2017年4月5日

内容紹介 :

3月30日(木)にLINE LIVEにて、Maison book girlのライブの模様が生配信される。

番組では同日に東京・青山 月見ル君想フで開催される音楽制作会社・ekomsのライブイベント「ekoms presents “夜明けの月と煙 vol.8″」でのパフォーマンスを配信。イベントにはブクガのほかスカート、RYUKYU IDOLの出演が決定している。

またLINE MUSICでは3月30日より、4月5日リリースのニューアルバム「image」の収録曲「end of Summer dream」が先行配信されることも決定。気になるファンはぜひチェックしてみよう。

Tracklist


1. ending
Maison book girl
PlayAdd

2. sin morning
Maison book girl
PlayAdd

3. end of summer dream
Maison book girl
PlayAdd

4. veranda
Maison book girl
PlayAdd

5. faithlessness
Maison book girl
PlayAdd

6. int
Maison book girl
PlayAdd

7. townscape
Maison book girl
PlayAdd

8. karma
Maison book girl
PlayAdd

9. screen
Maison book girl
PlayAdd

10. blue light
Maison book girl
PlayAdd

11. opening
Maison book girl
PlayAdd

Lyric


1. ending
2. 提供
3. sin morning
4. end of Summer dream
5. veranda
6. faithlessness
7. int
8. 提供
9. townscape
10. karma
11. screen
12. blue light
13. opening


1. ending


3. sin morning

作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

君の笑顔、汚したかった。
その夢から覚めないで。
悲しかったその朝に、
寝顔を見て、煙吐く。

無くしてく赤、壊れた部屋。
誰かのために自ら消していったの。

指先で傷跡をなぞった。青の後ろ姿が揺れてた。
時計台の鳥は静かに。もう、つないだ手を離したから
君の匂い思い出して、
傷つけてくその朝を。
思い出とか殺したいから、
錠剤飲んで、煙吐く。

ずっと好きだった。汚さも。
雨の景色の記憶は消えてゆくの。

一枚の写真に写った、白い笑顔は歪んでいった。
時計の針は知っていたの。許せない新しい朝が来る。


4. end of Summer dream

作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

寂しい夏、終わってく。体だけを許して。
僕はずっと泣いてる。奇妙な事と、青い夜。

変わってしまう朝。ずれた時計と。
叶わなかった声。その瞳の色を無くした。

夢の中、正しい事は何も無くて。
暗闇で見た、忘れた悲しみの続きを。
優しい窓、眺めて。残酷なの。この部屋。

ベランダの外にはゆるやかな光。
扉の鍵は、もう赤いベッドの中に隠した。

水の中。捨てられてる声を集めて。
音の隙間の、出口を探し続けてるの。


5. veranda

作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

僕の手のひらで枯れた花は。
冬の朝の意味。ベッドの中、ずっと。

水の匂いはもう腐っていて。
汚れた体と、あの手紙と。

赤いソファーもベランダも。
眺めていた嘘と声。

幸せになるのを、いつも怖がっていたのに。それでも抱き合って、いつかの日々を壊してく。

君の手のひらと、夏の光。
小さな泉は笑ってるの。

悲しみとか許しとか。
覗いた窓。青色が。

本当は気付いてた、涙の影に透けてる。
乾いた夢の中、僕は何を願っているの?


6. faithlessness

作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

僕らは罪悪感の中で
2度目の朝はゆるされなかった
窓から同じ景色を見てた
小さな川の写真を破って流した

自ら何かを壊してみては
冷たい手首を掴んでいたよ
涙も信じれなくなって
悲しいカーテンは揺れてた

足音を聞いて
嘘ばかりついて
ベッドは森の
中で燃やしたの

裏切られて。裏切るの。いつも。

性的過去だけが邪魔して
部屋には何か潜んでいたの
窓から同じ景色を見てた
小さな川の色は変わってた

本当はいつも
手を振った景色を
願っているの
泣き崩れながら

叶わないよ。許せない。
僕は。

裏切られて。裏切るの。
いつも。


7. int


9. townscape

作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

落ちた景色は、通り過ぎてく。
消えた時計はあの街を明かす。

裏切られたの、夏の日差しに。
溶ける体を眺めていたよ。

青い鳥は裂けて、闇が助ける。
君がくれた夜がいつまでも続いてく。

冷たい雨が降り注ぐ静かな夢。拍手は止んで、白色は今でも汚れた声。

悲しい嘘は、誰かの笑顔。
煙の中で、赤は流れて。

朝の光が、そっとあの日を壊す。
君がくれた夜は、永遠に続いてく。

繰り返す意味は、叶わない無意味な夢。
殺した色と花束は、誰かの幸せなの。


10. karma

作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

夏の雨、あの日とは違う雨、それに気付けずに。
橋の上見た景色、後悔は煙の罪だけ。

夜道を二人歩いた 悲しみだけが残って
枯れたあの子の瞳に写るのはどんな顔
その頬に傷をつけた僕だけが
目を塞ぎ、永遠に思い出すだけ
白色で塗りつぶす
美しさを正す
愚かな言葉だけで支配してゆくの?
夕暮れに、消したいの?その景色、もう見たくないの?歪んでる僕たちは、いつまでも変わらないのかな?

午前4時の憂鬱が細い手首を照らして
夢の中だけでいいの 何もかも許してよ
君は誰、傷つけたのは、誰なの
耳を閉じ、鮮やかに壊してゆくの
小さな過ちとか
あの部屋の青いカーテン
甘い咬み傷の様 赤く泣いてるの

愚かな言葉だけが、全て許してく


11. screen

作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

隠してるの、屋上の上。
また3月になる。もう涙は枯れたの。

知らなかったの、古い工場。
あの写真の笑顔は僕を笑っていたの?

錆びた鉄の色。ひとり震えてたの。
フィルムの青さと。いびつな後ろ姿と。

消えない景色。手を繋いだ事。
崩れてく音を、手首に書き留めていた。
寂しいの?部屋の中。
天井は、変わらないの。
神社の影。青いカーテン。
写真の過去の事後。画面の光と影。

守れないの。冷たい朝。
それに逃げていたの?嘘ばかりついて。

汚れてるのは誰。手のひらを見つめて。
煙の隙間で、僕はいつまで許せないの。

消せない未来。嘘で愛し合って。
壊れてく夢を、ごまかして生きてゆくの。
望んでた、暗い部屋。
天井は、白色なの。


12. blue light

作詞:サクライケンタ
作曲:サクライケンタ

秋に降る雪を眺めて、光の中にあった小さなノイズ探して、忘れ物探す。
1年前の事を思う。夢じゃないの?古く新しい季節は、いつかの日々で。

まるでそれは温かな煙、許されるの?
部屋の中で手のひらの影を眺めて、変わらないで。

水色は嘘でもいい。透明な夜は繰り返してく。
あの冬は、殺せばいい。
その空は、扉の隙間からこぼれだす。
二人、その扉の秘密。雨の中、約束。
叶わなかったのか、誰も知らない。

冷えた道路、白が積もる部屋、鳴らない音。
2年後とか、美しい嘘を時計台は知っていたの?

水色は嘘つきで。線の中昨日は消してゆくの。
あの夜は、殺せばいい。
忘れ物、触れた指から春が溢れ出す。


13. opening

作詞:コショージメグミ
作曲:サクライケンタ

それは、2月なのに、少し暖かい午前でした。

MV

Maison book girl / faithlessness / MV

Download

Add To Favorites

208 likes

Total votes: 12

Upvotes: 10

Upvotes percentage: 83.333333%

Downvotes: 2

Downvotes percentage: 16.666667%

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *